ヒアリングマラソンの口コミ・評判は?

ヒアリングマラソン

英語学習の総合的な月刊誌English Journalで有名な アルク(ALC)の「ヒアリングマラソン」。ただ聞き流すだけじゃなくてじっくり英語に取り組みたい学習者の間で「とても効果的だった」、と評価の高い教材として人気です。

 

でも本当に英語が上達するのか?
自分にあった教材なのか?
どのように使ったら効果があるのか?

気になりますよね。

 

PODキャストとかアプリとか、巷に無料の英語教材がいっぱい溢れているのに、わざわざ買うほどの価値ってあるのでしょうか?ここではそんな学習者の不安に応えるべく、ヒアリングマラソンを実際に使ってみてどのくらい効果があったのか、良い点、ダメな点。効率よく勉強するコツを包み隠さずお話ししていきたいと思います^^

 

結論!

男性

まずは何と言っても『ヒアリングマラソンの効果は結局どうだった?』ってところですね。

 

結論から言いますとヒアリングマラソンは、楽しく本格的な英語を勉強するにはもってこいの教材です。管理人はこれでバリバリ仕事で使える実用英語を身に付けたので、ビジネス英語もTOEICも日常英会話でも、これから英語を習得したい人にかなりおすすめです!
アルクTOEIC(R)テスト対策>
1000時間ヒアリングマラソン 完走で得る大きなものとは?

 

 

ヒアリングマラソンの効果は?使ってみた感想・口コミ

ヒアリングマラソン

ここでは、ヒアリングマラソンやアルクの辛口コメントを書いていきます。結構敷居が高そうなヒアリングマラソンですが、私が一番好きなポイントは、生の英語が毎月毎月新しい教材として解説付きで届く、というところです。

 

つまり「このストーリーの展開は次号でどうなるんだろう」と連続テレビドラマのようにワクワク待ちきれなくなっている自分に気が付きました。

 

日本人の英語学習者のために、手加減していない本物の英語に浸れるパッケージはヒアリングマラソンを除いてそうはないと思うので、生の英語を勉強したい人には本当におすすめです^^

 

 

ヒアリングマラソンを使ってよかったと思うところ

男性

@手加減していない実際に街で使われている生の英語。

きれいな発音の教科書英語をいくら聴いても、現実の英語とは格差があり、リスニング力が付かない。ヒアリングマラソンは、臨場感溢れる生の英語が聴けるんです!

 

A毎月新しい教材が届く。

ヒアリングマラソンは、12ヶ月コースが終わってまた新たに購入しても違った教材。
人間は飽きる動物。ヒアリングマラソンは英語学習者を飽きさせないで長続きさせる工夫がある。英語は短期間では身につかない。新しい教材が届くとワクワクする!

 

Bさまざまなタイプの英語が学べる!

ロンドン、スコットランド、ニューヨーク、カリフォルニア、インド、オーストラリア、香港の中国人が話す英語・・・ヒアリングマラソンの教材には様々な英語に触れることができます。

 

我々が耳にするコミュニケーションの手段としての英語は、人種、クラス、 地域によってまちまち。ヒアリングマラソンもそれに合わせて世界の多様性に富んだ英会話が収録されている。インド英語もシンガポール英語もOKになる!

 

Cしかもきちんとした解説付き

生の英語はインターネットに溢れています。しかし学習者向けに解説が付いているものは多くありません。解説って学習者にとって必要だと思う。

 

D英語学習者を甘やかさないスパルタ教材

結局、本当にビジネスで役に立つ突き抜けた英語力を身につけ、夢を実現したかったら、頑張るしかありません。いや、本当は聞き流すだけで英語がペラペラになりたいんだけど、そんな教材ない?その気持ちは良く分かります。でも「ただ聞き流すだけで英語がペラペラ」だなんて嘘っぽくないですか? もしそれが本当なら、とっくに日本人はみんな英語がかっこよく話せるようになっているはずですよね?

 

結論は、「海で泳ぎたかったら、海に飛び込むより他ない。いくらプールで練習しても、海で自在に泳げるようにはならない」そしてヒアリングマラソンでは、そんな一途な英語学習者の期待に応える教材内容になっている、というところが◎なんです。

 

 

ヒアリングマラソンの苦手だったところ

男性

活字が小さい

ハードルを高くしているのが、活字の小ささです。ヒアリングマラソンのテキストは、活字が普通の本のように小さいんです。英語に苦手意識がある人たちにとって、それってとても精神的プレッシャー大きくなりませんか?小さな活字で英語がびっしりあるとそれだけで、「あ、いいや、あとでやろ」ってなりますよね(笑)。

 

自分でカリキュラムを作る必要がある

ヒアリングマラソンは、初級レベルの英語に交じって中級レベルの英語、上級レベルの英語、と、毎月届くCDにさまざまな難易度の英語が混在して、それを学習者は取捨選択して自分で自分のカリキュラムと学習計画を作るところから始めなくてはいけません。

 

つまり本誌であるEnglish Journalをもう少しリスニングの教材っぽく制作したものがEnglish Journalと一緒に毎月届く、という仕組みです。学習者はヒアリングマラソンを「英語学習のための素材」として捉え、どう料理するのかを自ら考えるんです。

 

「好きなコーナーからスタート」とか「レベル別1ヶ月のおすすめ学習プランを参考に自分なりのプランを立てましょう」とか書いてありましたが、正直それってちょっと大変でした。試行錯誤の上やっとスタートできたことをここに告白します(苦笑)。

ボタン

 

 

ぶっちゃけ口コミ!ヒアリングマラソンで本当に話せるようになった?

はてな

ズバリ、ヒアリングマラソンをやって本当に英語が話せるようになるのでしょうか? やはりそこが一番のポイントですよね。

 

わたしの個人の経験ですが、答えはYESです。
ヒアリングマラソンを9ヶ月間やってみて感じた自分自身の変化を書きますね。

 

ヒアリングマラソンの効果は?使って変化したこと

  • フレーズが自然に聴き取れるようになった。
  • 英語でプレゼンが出来るくらいのレベルになった。
  • 英語のメールを書くときに、自然と書けるようになっていた。
  • 英語で会話するときの話題の引き出しが増えた。

今まで全く知らなかった世界で活躍しているIT企業の活動や女優、政治家、世界で今起こっている紛争や問題などを知るようになり、より幅の広い教養や知識を得られた。

 

短期間でリスニング力が向上した実感はなかったものの、半年くらいして気がつくと、今まで聴き取れなかった英語が自然とダイレクトに頭の中に入ってきて、日本語に置き換えなくても理解できている自分を発見したのは驚きでした。

 

「あれ? 半年前って日本語に置き換えて理解してたよね?」という嬉しい成長です。

 

ヒアリングマラソンをやり続けてより実感したことは、英語力とは総合的な言語能力であって、話す内容がなければ話せない、聴く分野の専門知識がなければ単語や文章は聴き取れたとしても、内容は理解できない、ということの再認識であり、ヒアリングマラソンで英語の引き出しが飛躍的に増え、英語ベースの教養、英語ベースの体験に厚みが増し、それがリスニング力の向上に貢献したことがこの9カ月間の変化でした。

 

これは海外の大学に留学したり、生活したりすることで自然と体験できることを日本にいながら経験できる、という意味においてとても大きな収穫だったと思います。

 

「体で覚えろ」、とよく言われますよね。体験して覚えたことはすぐには忘れません。たとえばアンジェリーナ・ジョリーというアメリカでとても有名な女優がいます。映画ファンならみんな知っていると思いますが、私はその存在をまったく知りませんでした(恥)。

 

 

英語で意見交換できるまでに!

女性

ヒアリングマラソンに付属していたEnglish Journalのある号で彼女がカバー記事になっており、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の特使でもある彼女のシリアでの難民救済活動に関する演説が教材として吹き込まれていました。

 

慈愛溢れる彼女の英語の演説を聴き、今更ながら国連の難民救済活動を認識し、そして私は東京青山にある日本で唯一の国連組織であるUNU(国連大学)でたまに行われている講演を聴講するようになりました。もちろん全部英語で、通訳なんてありません。そして講演のあとのネットワーキングイベント(交流会)で、東京で働く外国人と英語でコミュニケートし、意見交換を拙いながらも英語でしました。

 

ヒアリングマラソンをやってなかったら、あるいはどこかのウェブページでしか読まなかったら、私はこのような活動そのものを認識しなかったし、UNUそのものの存在も認識しなかったと思います。

 

 

ヒアリングマラソンは勉強量も圧倒的!

英語

外国語の学習においては、量が全てであり、量は質を凌駕する、ということです。単純な英語の聴き取り能力は、ヒアリングマラソンでなくてもやりさえすれば向上できると思います。しかし、どういった英語教材をやるかは話す英語の質や人生の厚みに大きく影響を与えます。

 

あまり興味を持てない教科書的な無味簡素の内容ならば、長く続けて勉強することなんかできませんよね。今、世界で起こっている大きな変化、それはテクノロジー的なものだったり、政治的なものだったりしますが、ヒアリングマラソンの内容は毎月編集されたビビッドな教材で今の世界を伝えることで学習者を飽きさせないんです。

 

飽きなければ長く続けられる、量をこなせる。興味のある楽しい教材であれば長い時間それを聴いていられるので自然とリスニング力が鍛えられる、そのような教材がヒアリングマラソンでした。

 

 

検定で役立つ英語の厚みが付いた

男性

ヒアリングマラソンの効果として、教養に厚みが付いてきたことが大きな収穫でした。英検1級とかケンブリッジ大学英語上級(CAEやCPE資格)の検定では、英語で専門的な内容を議論したり、それを読みこなすレベルの英語力が要求されます。だから英語ベースの教養の厚みがないと、このような上級レベルの英語資格試験には太刀打ちできません。

 

おそらくアルクの編集者さんたちは英語を苦労して身につけた達人ばかり。そんな彼ら彼女らの体験から生み出された本当に英語ができるようになる教材をヒアリングマラソンは目指しているんだろうと感じました。

 

 

ビジネスにも使える!老後や何歳でも英語のやり直しができる!

ヒアリングマラソンでは、ビジネスで使える表現も豊富に含まれているので、ビジネス英語も勉強することができます。大事なプレゼンもこなせるような英語力が身に付きます。

 

また、20代、30代など若い年代の方だけでなく、40代、50代、あるいは定年後、老後でも飽きがこない工夫がされていることと、わかりやすくレベルアップしていけるプログラムがヒアリングマラソンなんです。

 

ちなみにお隣のおばあちゃんは、「孫がアメリカ人と最近結婚し、老後、いきなり英語が必要になった!」と英語学習を始めました^^

アルク

 

 

レベル別!ヒアリングマラソン実践者の生の口コミ・評判

男性

ここではヒアリングマラソンを実際に使った人の口コミや評価を、レベル別にレビューしていきます^^

 

@ベーシックkikuzoの口コミ・評判は?

ヒアリングマラソンkikuzo

ちょっと物足りなさを感じました。 32歳外資系商社の口コミ 

学生時代に挫折した英語をもう一度やり直そう、とベーシックなコースを探してたどり着いたのが、ヒアリングマラソンkikuzoでした。一文一文が短く、単純でわかりやすかったのはよかったです。でも、ちょっと自分には物足りなさが残りました。今はヒアリングマラソン中級にステップアップしたところです。

 

いつの間にか英語耳になれた! 28歳サラリーマンの口コミ

レビューが良かったので始めてみました。会社でTOEIC受験が必須になり、全然英語のヒアリングができない私はとてもあせり、評判の良いヒアリングマラソンを始めました。一番初級のkikuzoです。毎日30分くらいiPhoneに教材を入れてお昼休みに聞いています。それなりに英語の音にも慣れてきました。

 

値段の割にはよかったかも。 48歳営業の口コミ

ヒアリングマラソンのベーシックとは言え、予想以上に分量が多く、結局やらず終いになってしまいました。私は英会話スクールの方が楽しくおしゃべりできて向いていると感じました。でも、スクールってとても高くて、今のお給料では時々しか行けません(涙)

 

半年でコンプリート!旅行が楽しくなりました。 21歳大学生の口コミ

根が真面目なせいか、半年のコースを完結しました。基本的な英会話にも慣れて、とてもよい教材だと思いました。夏休みの海外旅行は最初フランスと考えていたのですが、英語を試してみようと、イギリスに変更しました。今から楽しみです。

 

 

ヒアリングマラソン中級の口コミ・評判

ヒアリングマラソン中級

ベーシックにしときゃよかった。 66歳年金暮らしの口コミ

ヒアリングマラソンの評判がとてもいいけど、結構レベルが高い、とも聞いていたので、あえて「中級」を選びました。しかしそれでも私にとってはとても難しく、さっぱりわからないまま半年をただ聞き流すだけに終わってしまいました。高望みをせずに最初は「ベーシック」にしておけばよかったと思います。なので、効果はゼロです。もっと簡単な教材を探します。

 

TOEIC700点越えできました! 34歳外資系サラリーマンの口コミ

中級はきちんと段階を踏んだプログラムであると聞いていたので、1000時間ヒアリングマラソンではなく、ヒアリングマラソン中級にしました。大正解だったと思います。自分にとっては丁度良いレベルの英語で、気持ち良く最後まで続けられました。ちなみにTOEICは700点を超えています。

 

教材の充実ぶりが凄い 54歳会社員の口コミ

大学入試が終わって大学に入る直前にもっと英語を勉強しよう、とヒアリングマラソン中級を始めました。でもヒアリングマラソンに加え、大学の英語の授業も準備も大変で、サークル活動もバイトも忙し過ぎて、夏休みのころにはまったくやらなくなってしまいました。でも、教材的にはとても充実していると思うので、また後期から頑張りたいと思います。

 

「1000時間ヒアリングマラソン」の方が断然面白そう! 25歳専門学校の口コミ

2chで評判が良かったです。昨年お試しでヒアリングマラソン3ヶ月コースをやってみてとても難しかったので、今年は1ランク落として「中級」をやっています。でも巷の普通の英会話教材のような構成で、ちょっとがっかり。来年は1000時間ヒアリングマラソンにまたチャレンジしようかと計画中です。「1000時間ヒアリングマラソン」の方が断然面白くて飽きないです。難しいけどね。

 

 

1000時間ヒアリングマラソンの口コミ・評判

1000時間ヒアリングマラソン

キツかったけど、英検1級に合格できました! 48歳自営業の口コミ

ヒアリングマラソンの3ヶ月のお試しコースで始めました。最初届いた時にはこれならやれる、と思いましたが実際スタートしてみると、予想以上に難しく、やり終えていないのに次の号が届き、未完の月が積み上がるフラストレーションに苛まれました。でも、途中から完璧主義を諦め、とりあえず最後まで不十分でもやってみるやり方に変えてから気持ち良く進むようになりました。そして1年コースにあえてチャレンジして1000時間を(1年3ヶ月の合計で)なんとかクリア。とてもキツかったけれど、目標としていた英検1級にも合格しました。

 

ハマり過ぎにご注意!笑  32歳主婦の口コミ

連続ドラマやHMプレイハウスなど複数の号に跨った展開が面白く、ハマってしまい、聞き流す形で1年やりました。ヒアリングマラソンに付いてきたイングリッシュジャーナルの記事も面白かった。しかし、毎月のテストは提出せず、時間も1000時間なんて行かなかったです。結局振り返ってみると、こんなやり方なら映画のDVDを聞くとか、別にやり方があったと思います。ちなみに、英語はただ慣れただけでした。やはり真面目にやらないといけないみたいです。

 

難しいのが好きな人におすすめ  47歳事務の口コミ

ヒアリングマラソンはボリュームが多く、英語のレベルも高くて自分の英語力では全然ついていけなかったです。やっぱ、初級か中級のバージョンにしておけばよかったと後悔しています。ともかく、想定外の難しさです。

 

怠ける人は注意が必要  29歳販売の口コミ

「1年間で1000時間」「突き抜けた英語力を得る」というハードなキャッチに惹かれて購入を決意しました。最初の1、2ヶ月はマンスリーテストも提出できて、リスニング力にも自信がついてきました。しかしその後、いつもの怠け癖が出てしまってだんだんと積ん読だけになりがちでした。一度怠けると2度と復活できなくて、教材が溜まる一方でした。ヒアリングマラソンは中身はかなりいいと思うので、また意を決して頑張ろうと思います。

 

English Journalが面白いので続けられました!37歳会社経営の口コミ 

半年コースをやり遂げました。ヒアリングマラソンよりも副教材のEnglish Journalの方がインタビューあり、映画ありで、バラエティに富んでいて面白かった。EJがついてこなかったら続けられたか疑問です。テストは送ったり送らなかったり結構いい加減でした。TOEICのスコアが600点台から700点台に上がったので、一応の効果はあったんじゃないかな。

 

評判・感想のまとめ

男性

人それぞれ感想や成果は違いますが、『難しい』と思う人と、『面白い』と思う人の2択だと思いました。自分のレベルの一つ下から始めてもいいのかもしれませんね。

 

もしくは1000時間ヒアリングマラソンでEnglish Journalで楽しく勉強するか。レベルが混じっているので、わかるところから始めるのもありかもしれません。『自分がやってみたい!』と思えるものから、始めてみてくださいね^^
ヒアリングマラソン公式ページ>

 

 

ヒアリングマラソンの教材内容は?

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンとはどのような英語教材なのか、それを説明しますね。

 

ヒアリングマラソンは、毎月送られてくるCD2枚に加え、映画やYouTube、ウェブサイト等から自分で選んだ英語音声を合計1日3時間を目標に聴く教材です。1年間に1000時間の英語を聴くことによって、リスニング能力の飛躍的な向上を図ります。

 

それって、どんな英語教材でも、1日3時間聴けばヒアリングマラソンの代わりになるんじゃないの? って思いませんか。実は1000時間ヒアリングマラソンには、他の英語教材にはないある特徴があるんです。それは、毎月編集されている、ということ。

 

英語教材は一度制作されると、そのパッケージがずっと使い回されるのが普通ですよね。たとえば「○○式英語リスニング初級編」みたいな教材は、今月申し込んでも、1年後に申し込んでも、同じものが届くはずです。つまりカリキュラムの内容が固定化されているんです。それに対して1000時間ヒアリングマラソンは、出版社らしく毎月新たに編集されたフレッシュな教材が学習者のもとに届きます。

 

 

ヒアリングマラソンのバリエーション

  • 「1000時間ヒアリングマラソン」(12ヶ月コースor6か月コース)
  • 中級者向けの「ヒアリングマラソン中級コース」(6ヶ月コース)
  • 初級コース「ヒアリングマラソンベーシックkikuzo」(6ヶ月コース)

※1000時間ヒアリングマラソンが最も上級向け(英検2級・TOEIC 550点〜)
そして1000時間ヒアリングマラソンには、副教材として本誌であるEnglish Journalが毎月付属し毎月編集されています。ヒアリングマラソンの3か月コースや1万円のコースや限定モデルなど、キャンペーンで変則的にラインナップが変わることがあります。

 

その他にも、
子供教材abc DVDボックス(ジュニア シリウス)>
中国語やフランス語や韓国語、理系英語なども学べる教材もあります。

 

≪ヒアリングマラソン価格≫

1000時間ヒアリングマラソン 53,783円
ヒアリングマラソン中級コース 38,880円
ヒアリングマラソンベーシックkikuzo 38,880円

 

 

ひと月のパッケージ(1000時間ヒアリングマラソン)の内容

  • ヒアリングマラソン テキスト1冊
  • ヒアリングマラソン 音声CD2枚
  • テストのための回答シート(マークシート)1枚
  • 本誌であるEnglish Journal 1冊(付属CD込み)

これが標準で、時々ボーナスCDや、熟語集・単語集の小冊子がそれに加わります。これが毎月毎月郵送されてくる仕組みです。以前は期間限定でライトもありましたが、今はライトはないようです。

 

さらにインターネット全盛の流れに合わせて、ウェブ上でもテキストやEnglish JournalのPDFがダウンロード出来たり、音声MP3がダウンロードできます。また本体テキストにスクリプト(原稿)が掲載されていないものは、ウェブからPDFでダウンロードできる仕組みになっています。そしてウェブ上でその日に聴いた英語の時間数を入力すると、合計で何時間英語を聴いたか、その集計が出てきます。

 

つまり、 紙のテキスト、CD、そしてウェブ上のデジタルコンテンツ、とマルチメディアで展開する教材の作り込みがなされているのです。そして目標として「1年間に1000時間の英語を聴いてリスニング能力の飛躍的な向上を図ること」をコンセプトにしています。

 

一日当たりだと約3時間、英語を聴くことになります。

 

実際、付属するCD2枚の収録時間はそれぞれ約1時間ちょっとです。ヒアリングマラソンのCD教材の他に自分で選んだウェブ教材や映画、ビデオ、Youtubeなどを聞き、合計で3時間を目標とします。詳しくはこちら>

 

 

他の英語教材とどう違うの?

男性

ヒアリングマラソンの特徴は?

ヒアリングマラソンは、生きた英語を学べる教材です。

 

ヒアリングマラソンの構成は、他の英語教材とはかなり異なっています。巷にある英語教材の多くは、特別に原稿が書かれ、アメリカ人やイギリス人の標準的なネイティブスピーカーによって吹き込まれた「日本人のための英語」です。

 

その昔、中学1年の最初に習った英語を覚えていますか? ちなみに私は忘れてしまいました(笑)。でもそれはよくありがちな「This is a pen」のような英語ではなかったでしょうか? 日本の小学1年生の国語の教科書にありそうな「咲いた、咲いた、桜が咲いた」みたいな英語。

 

それって現実の街角で使われている、生きた言葉じゃありませんよね。

 

そうなんです。いわゆる教科書英語は学習者向けに作られた英語。しかも発音はきれいな訛りのない標準英語です。でもよく調べてみると、世界の英語人口は約20億人。そのうちアメリカ人やイギリス人など、ネイティブ英語の人口はたったの4億人なんです。実に世界の英語の8割はネイティブじゃない人たちがビジネスや日常のコミュニケーションの手段として、共通語として使っています。
もしどんなものか気になる人は、視聴もできるので試してもいいかもしれません。視聴>

 

 

訛りや表現の違いが学べる

しかも、ネイティブと言っても国や地方によって様々な訛りや表現の違いがあります。日本語でも東京弁と関西弁はけっこう違いますよね。日本語を学んできた外国の方が、京都に来て、全然言葉がわからなかった、という話を聞いたことがあります。

 

英語学習の初心者ならいざ知らず、実用的な英語を学習しなくてはいけない我々にとって、世界の街々で普通に使われている言葉を学びたいと思いませんか? 

 

ヒアリングマラソンの英語は、もちろん学習者向けに手加減された英語も含まれますが、非ネイティブスピーカーの訛った英語のインタビューとか、街の騒がしい騒音のなかでのカフェでの会話とか、そんな現実の英語がいっぱい詰まっているんです。

 

例えば、シンガポールの建国の父であるリー・クアン・ユゥのインタビューとか、東京に住むインド人、ブラジル人、フィンランド人の3人が日本と自国の教育システムの違いを英語で議論するとか、そんな内容です。

 

 

それって間違った英語を覚えてしまいそうで、怖くない? 

そんな声が聞こえてきそうです。でもそこは大丈夫。テキストに「正しくはXXXXX」と注釈があります。それに我々は日本語でも普通に間違った言い方をしていますよね。

 

もう一つ巷の英語教材と大きく違うことは、ヒアリングマラソンが毎月編集され、毎月制作されている、ということ。これはアルクが出版社だから可能なのであって、時事問題やその時その時の社会情勢をカリキュラムに盛り込むことができる、という点でとても優れた方法です。

 

しかもコストも月あたりに直すと約4,000円、と普通の値段です。これはヒアリングマラソンが本気で英語を習得したい学習者に支持され、累積で120万本も売られているボリュームのため制作コストを分散できているためなんだと思います。

ボタン

 

 

ヒアリングマラソンが向いている人と、向いていない人

ヒアリングマラソンが向いてる人

男性

英語はある程度勉強している。でも外国の人たちと片言じゃなくて、もっと自由自在に英語でおしゃべりできたらいいな。やっぱ、まだ映画はキツイ、TEDやYoutubeで流れる生のネイティブ英語はついていけない。真剣にビジネスで使える英語を習得したい。

 

資格試験をいろいろ受け、自分の知的成長を見るのが好き。試行錯誤のうえ、自分の学習方法を自分で模索するのが楽しい。そういうやる気溢れる人には効果的なやりがいを感じるプログラムでしょう。やる気があればあるほど、ヒアリングマラソンを素材として自分の英語学習プログラムを作ることができます。

 

そしてさらに毎日1時間他の英語で話されている映画やビデオ、ニュースを見れば、リスニング力がどんどん付いてくるはずです。

 

 

ヒアリングマラソンが向いていない人

まったく英語がダメな人

男性

学校時代いちおう英語を勉強した記憶があるけど、まったく英語ができない自信がある人(笑)。

 

ヒアリングマラソンには、英語初心者から対応している初級編ヒアリングマラソンkikuzoというプログラムも用意されています。それでも、それなりの内容で、まったくの初心者がいきなり始めると歯が立たず挫折感だけが残る危険があります。まずはプールでバタ足を覚えてから、実際に海に出て、背の立つ浅瀬で練習する、っていうのが鉄則ですよね。
>>まったく英語がダメな人は、ヒアリングマラソンベーシックプログラム+ひたすら訓練が必要

 

おんぶに抱っこで受け身な人

ヒアリングマラソンは、自分の英語力に合ったプログラムを自ら考え作るくらいの自主性が求められます。だから「これさえやれば英語ペラペラ」とか、「毎月届くCDを最初から聞き、付属テキストの1ページ目から順番にやる」受け身な人は、何をどうやったらいいのか、迷子になること請け合いです。毎月届く教材が部屋の隅に「積ん読」だけ、だなんて悲しくありませんか?
>>積極的に取り組めない人にはきつい。

 

 

ヒアリングマラソンは中古販売してる?amazonなどで安く買う方法はあるの?

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンの値段は、12ヶ月コースで49,800円(税別)。消費税を含めた実額で5万円を超えます。1ヶ月あたり4,000円以上です。高くもないけど安くもない微妙な値段ですよね。

 

ヒアリングマラソンを中古でもっと安く買えないでしょうか?
たしかにヤフオクなどのオークションやamazonでサーチするとそれなりに出品されています。

 

でも、結論から言うとそれはおススメしません。なぜなら、ヒアリングマラソンは単にテキストとCDのセット、と言うだけではなく、

  • 毎月の進捗を図るテスト(テストコ)
  • 成績優秀者の表彰
  • ウェブでの音声ダウンロード、PDFダウンロード
  • 時々付属する単語集、熟語集とそのMP3音声ダウンロード
  • 時事問題について編集されたコンテンツ

など、学習者のモティベーションを持続させるさまざまな仕組みが含まれた統合的なパッケージ教材なんです。中古だと単にテキストとCDだけですよね。それに時事のコンテンツも古くなっています。それじゃ、ヒアリングマラソンでなくて他の教材と同じですよね?

 

やはり毎月毎月編集された真新しい教材が届く、それがヒアリングマラソンの良い点であり、中古ではその大きな特徴がなくなってしまうと思います。あとは公式サイトでキャンペーンをやっている場合もあるので、こまめにチェックしてみるのがいいと思います^^公式ページ>

 

ヒアリングマラソンは割引はあるのか?

時々キャンペーンをやっていて、そこでクーポンで割引されることがあります。ぜひ利用したいものですね。あとは会社で英語を勉強を補助するような制度がある場合、割引されることもあるそうです。その場合、手順です。

1.社内回覧をご覧いただく
2.ご担当者(多くの場合総務部、人事部)にご確認いただく
3.下記へお問い合わせいただく(会社申込の受付窓口となっています)
 株式会社アルク 通信教育オペレーション部:
 TEL.03-3238-2877(平日 月〜金曜日 9:00〜18:00)  ed_support@alc.co.jp
※なお、アルクからの個人のお申込の場合、会社の助成制度による割引価格は適用されませんことをご了承ください。

 

 

ヒアリングマラソンの効果的な勉強法&使い方とは?

カフェ

ヒアリングマラソンでは、多聴と精聴を組み合わせて英語のリスニング能力を鍛えます。 多聴とは、ともかく多くの英語を聴く、聴き流す、ということです。

 

精聴とは、わからない単語を辞書で調べ、一文一文の意味を完全に理解した上で何度も何度も暗記するまで聴き、覚えるやり方で、とても時間とエネルギーを費やします。

 

でもこうしなくっちゃダメ、と杓子定規に真面目に考えすぎると続きません。継続は力なり、なので、ともかく大切なことは毎日続けて聴く、というスタンスです。そこで私が日頃行っている効果的なティップスをちょっと伝授しますね。

 

それは、専用のiPODにCDの音声を入れて、専用のイヤホンチップをつけて『どこでも勉強部屋』を実現する、という方法です。

 

 

語学学習専用のMP3プレイヤーを用意しよう

お手持ちのiPhoneやAndroidでももちろんOKです。でも、バッテリーの持ちを常に気にする必要があります。いざ、という時に外出先で会社からの着信やクライアントとの電話やメールができなくなるのは困ります。

 

やはりここは、ヒアリングマラソン専用のiPODなどのMP3プレイヤーを用意し、それを音楽じゃなくて語学用に使い倒す、という方法がオススメです。これならいつでもどこでもヒアリングマラソンが勉強できますよね。

 

 

イヤホンはカナル型で

イヤホン

でも、どこでも勉強するためにはもう一工夫必要なんです。
ポイントは、イヤホンです。

 

iPhoneなどに付属しているイヤホンはオープン型(開放型)と言って、外耳道の入り口にイヤホンを引っ掛けるため、周囲の音も拾う構造になっています。利点はイヤホンをつけていても周りの音が普通に聞こえるので、人との会話が自然にできることです。しかし一方でボリュームを大きくすると、音漏れで周りの人の迷惑になりかねません。

 

一方、量販店で売っているイヤホンの多くはカナル型と言って、外耳道の中にシリコンゴムのチップを挿入する方式です。これだと電車の中などの騒音のある場所でも、音を聴くことができます。

 

どこでも勉強部屋を作るためには、カナル型イヤホンを使う必要があります。

 

 

そしてトドメはCOMPLYチップの装着

イヤホン

そして、買ってきた(あるいは手持ちの)カナル型イヤホンの耳に挿入するシリコンゴムのチップ部分を、低反発ウレタンで作られた遮音性の高い特殊なチップに替えることを強くオススメします。

 

低反発ウレタンは、耳栓の素材としても使われているもので、高い遮音性と外耳道に合うように変形するのがミソです。具体的にはコンプライ(COMPLY)という会社の作ったものが有名で、音質も満足のいくものです。低反発ポリウレタンイヤーチップで一番有名。

イヤホン

でも高い(涙)。アマゾンでは、3コのペアで2000円〜3000円もするので、下手すると、イヤホン本体よりもチップの方が高価になってしまい苦笑せざるを得ません。でも飛行機の機内でさえも英語の学習ができるので、効果的です。最近は他メーカーでも遮音性の高い低反発ウレタンイヤーチップを売っていますし、これなら数100円ととてもリーズナブルですね。

 

この改造イヤホンを愛用のipotやipodに付ければ、騒音のなかでもリスニング学習ができる「どこでも勉強部屋」が実現できる。飛行機の中でも街のカフェでも、これでOKです (^^)

 

結局、毎日毎日3時間、英語のシャワーに浸るためには、お手持ちのiPhoneで音楽を聴くように英語を聴くのではなく、このような特別のガジェットをうまく使う工夫が必要になる、と言うことです。

 

 

ダウンロードできる教材・カレンダーを利用しよう

ヒアリングマラソンにはダウンロードできる学習カレンダーがあります。このカレンダーに学習の計画を立てたり、テストの予定日を書き込んだりすると効果に勉強ができます。そして音声の『マンスリーテキスト』や、ヒアリングマラソン未掲載のPDFも毎月ダウンロードできます。ヒアリングマラソンをフルに活用しましょう!

 

 

iphoneやAndroidアプリを使ってスキマ時間も効率よく活用!

ヒアリングマラソンのアプリではありませんが、アルクから『キクタンシリーズ』のアプリが販売されています。英会話やTOEICやリスニングのアプリもあるので、iphoneやAndroidなどスマホを持っている人は有効利用すると勉強の効率が上がります。

 

あとは公式サイトにも様々な勉強法が記載されています。そちらも合わせて読んでみてくださいね^^

ボタン

 

 

結局、何のために英語って勉強するんだろう?

男性

英語を学習するモティベーションって人それぞれだけど、あなたの場合は何でしょうか?

 

私の場合は、外国に対する憧れが最初にあり、そしてたまたま勤務先が外資系で、上司が日本語ができない外国人、英語を使えないとクビになりかねない現実が最初にありました。毎日英語で仕事をしていても、なかなか英語が上達しない。相手が何を言っているのか半分しか理解できない。もっとリスニング力をきちんとしたプログラムを使い鍛えないとヤバい。

 

こんな状態で悩み、いろいろや教材を試し、そして出会ったのがアルクのヒアリングマラソンでした。会社からTOEICのスコアを求められている、スコアを向上させないと昇進試験で不利になる、進学や就職で英語ができると有利、給料が上がる、と言う人も多いと思います。

 

 

モティベーションは様々。

結局、「かっこよく英語をネイティブのように話したいんだ!」これが私たち日本人の英語学習者の共通した目標ですよね?

 

ガイジンのように、あるいは帰国子女のように英語が使えたらどんなに自分の選択肢が広がる事か、そう思いませんか。ヒアリングマラソンのナレーションで、「English will open many doors ----- 英語を学習することで多くの可能性のドアが開かれます」と言っていたのが印象的でした。

 

自分の将来の可能性のドアを開く英語学習。そのために自分に投資する時間が1年で1000時間。やはりそれなりの努力を続けないとホンモノの英語は習得できません。でも辛い努力じゃ続くわけないですよね。楽しく好奇心いっぱいに英語を聞き続けられる工夫がされた教材がヒアリングマラソンでした。

 

 

本当の英語力は、英語以外の知識でつくもの

結局私はいろいろ試したけれど、本当の英語力を獲得するためには、英語以外の知識の幅も増やさないといけないことにヒアリングマラソンをやってみて初めて気が付きました。そして、これをやった時が一番自分の英語力に厚みが増した時だった、と振り返ってそう実感しました。

 

No Shortcut = 近道はない、急がば回れ
そんな当たり前のことを改めて教えてくれたのが、ヒアリングマラソンです。

 

管理人の英語と格闘したブログです!よければ覗いてくださいね^^
管理人のヤバすぎる英語ブログ>

 

ヒアリングマラソンのよくある質問

ヒアリングマラソンで会話力はつきますか?

ヒアリングマラソンが英語のリスニング教材として効果的だ、というのは分かったけれど、リスニングだけじゃなくて、総合的な英会話力を付けたい人に適しているんでしょうか?そこってやはりポイントですよね。

 

ズバリ答えはYESです。

 

外国語の学習で、「読めるけど、書けない、しゃべれない」という人は、そもそもその読めるレベルが問題であることがほとんどです。言葉は総合力なので、読む、書く、聴く、話すという4つの能力は同時に上げていかないといけないし、また読めば読むほど書く力もしゃべる力も付いていくものです。また聴けば聴くほど会話力も自然と付いていきます。

 

ヒアリングマラソンでは、単に聴く、あるいは聴き流すだけじゃなくて、シャドウイングやオーバーラッピング、そしてディクテーションなど総合的な英語を鍛えるプログラム内容です。やればやるほど、会話力も向上していくはずです。

 

ヒアリングマラソンは聴き流しただけでも、効果が期待できるものでしょうか?

はい、ある程度の効果が期待できると思います。これは同じ音声を何度も何度も繰り返し聴くことによって、その音調を脳が認知するためです。私も手持ちのiPODにヒアリングマラソンとEnglish Journalの音声CDを入れて、通勤途中やお昼休み、そして寝る前と聴いています。そして後からテキストを見てその内容やセリフを確認しています。それだけでもかなり英語に慣れてきた実感がありました。

 

しかし、理想的には、やはりテキストも併用しながらわからない単語を辞書で調べ、音声をじっくり聴く「精聴」を、この多聴と組み合わせた方がより効果的であるのは間違いのないところでしょう。

 

他に会話力に良い、テキストや教材はありますか?

ヒアリングマラソンを通じてある程度のリスニングに慣れたら、スカイプなどを使ったオンライン英会話にチャレンジしてみるのもおススメです。相手の先生はたいていフィリピンなど海外在住の方で、ビデオスカイプを使い、臨場感溢れる実践英会話が練習できます。

 

まだその段階じゃなく、もっと基本的な英会話力を鍛えたい、という向きにはNHKの「ラジオ英会話」が定番です。音声はラジオだけではなく、CDやインターネットストリーミングなど様々な媒体でNHKの語学講座は展開しています。

 

 

TOEICで既に高得点を持っていれば必要ないですか?

TOEICなどの英語検定試験の得点と、英語力は大体比例するはずですが、英語検定の高得点者が実践的な英語を使えるかどうかは、また別の問題のようです。いわゆるTOEIC対策と称するTOEICで高得点を獲得するテクニックや練習がとても人気ですよね。

 

でもその弊害として、TOEICで高得点を獲得して入社試験には合格したけれど、実は英語が全然できない、という人が続出しているんです。たとえばTOEICで900点と言えば一般的には「英語がすごくできる人」ですよね? 

 

しかし現実はかなり厳しいです。このレベルでは手加減していないネイティブとは限定的な話しかできないし、洋画は字幕なしにはほとんど理解できないと思います(人によりますが)。

 

本当に「英語ができる」と言えるためには、TOEIC満点や英検1級をさらに超えたレベルでの実力が必要です。そしてそのためにヒアリングマラソンでリスニング力を鍛えることは意味があると思います。

 

1日3時間という中には、NHK基礎英語、ラジオ英会話のような日本語が混じった番組もカウントに入るのですか?それとも映画や海外ドラマのDVDを字幕を消して英語のみで見るものだけがカウントされるのですか?

ヒアリングマラソンでは、「1日3時間、1年で1000時間」英語を聴き、リスニング能力を鍛えることを目標に置いています。ヒアリングマラソンのCD教材は原則として毎月2枚です(ヒアリングマラソンCDとEnglish Journal CD)。この2枚を全部聴いたとして合計で約2時間少々になります(月により若干のバラツキがありますが)。したがって、あと1時間を他の教材を使って英語を聴かなくてはいけません。

 

実際には、これをやらなくてはいけない、これはダメ、という厳しい決まりはありません。なので、日本語が混じったNHKなどの語学番組でも大丈夫です。しかし理想的には、すべて英語の映画やインターネットでのビデオを聴いた方が臨場感も増して良いと思います。

 

ヒアリングマラソンでは、毎日何時間英語を聴いたかを記録するウェブサイトが学習者のために用意されています。それに毎日自己申告で○○時間、と入力し、その累計が自動計算される仕組みです。なので、厳しい決まりはなく、あくまでも自分で決めたルールで学習を進めればいいんです。

 

ヒアリングマラソンをどういった工夫で続けていらっしゃるのでしょうか? また、何か月目から、効果があるなと実感されましたか?

語学の学習に限らず、長い期間の自習による通信教材を完結するためには、それを続ける強い意欲、動機づけ、そして自己規律が不可欠ですよね。通信講座の修了率は通学と比較してとても低いのが一般的です。ヒアリングマラソンも、1年間という期間、毎日3時間英語を学習することを目標に置いています。簡単じゃないですよね。でもそれを完結させるコツはもちろんあります。

 

まず、なぜ自分は英語をこんなにも勉強しなくてはいけないんだろうか? なぜ突き抜けた英語力を得たいのか? を自問してみてください。きっとそれを開始した時の決意や熱い想いがあったはずです。

 

「絶対海外の大学に進学したい」
「憧れのあの外資系企業で働きたい」
「アメリカのあの自由な空気が大好き。将来はアメリカで働くんだ」
などなど・・・

 

動機づけがしっかりしており、長期的な英語学習の計画が練られていれば、短期的な飽きや興味の喪失は避けられるのではないかと思います。

 

実際に限られた時間で英語を聴くためには、イヤホンパッドを工夫したMP3プレイヤーの活用がおススメです。

 

どのくらいで効果があると実感したか、はそれぞれの英語学習歴によってまちまちだと思います。私の場合はヒアリングマラソンを始めて半年くらいで、以前よりだいぶ英語ができるようになってきた感がありましたね。

 

1日に3時間もの勉強を続けるモティベーションとなる何か良い方法ってないでしょうか?

ヒアリングマラソンに申し込むと、1日の勉強時間を記録するウェブサイトが使えるようになります。これはこれで良いのですが、ヒアリングマラソンを勉強している仲間を探したい、みんなとの一体感の中で 勉強したい、って思いませんか? 

 

そんな希望を叶える勉強アプリがStudyplus ( https://studyplus.jp/ ) なんです。これは勉強時間を記録するほかに、同じような分野を勉強している仲間を探したり、彼ら彼女らとネットワークで繋がったり、コミュニケーションが取れる言わばスタディSNSです。

 

勉強に役に立ちそうなアプリはいろいろ出回っていますが、このStudyplusが一番人気があります。「みんな見ているから今日もがんばらなくっちゃ」、という「見られる効果」を最大限に生かして勉強の習慣化が図られる、というわけなんです。

 

『民度が低い』を英語で言うと何ですか?ヒアリングマラソンではこういう細かいニュアンスも学べますか?

『民度が低い』を英語で言うとuncivilやa poor standard of living and cultureなどだと意味は通じると思います。民度とは道徳心、倫理観、礼節ななどを表します。こういうちょっと専門的だったりネイティブな表現もヒアリングマラソンでは学ぶことが出来ますよ^^

 

ヒアリングシャワーやスピードランニングなど聞くだけで英語が上達するという教材と、MOOCsなど無料オンライン講座など、どの英語教材を選べばいいのか悩んでいます。これらの英語教材のおすすめはありますか?平行して使うとより効果は感じるものなのでしょうか?

さまざまな英語教材がありますが、それぞれに特徴があり一概にどれがいいとは言えません。ヒアリングシャワーやMOOCsも自分に合っているのか?教材として本当にいいのか?見極めたいですね。こちらに教材の特徴などをまとめていますので、参考にしてみてください。英語教材おすすめランキング!>

 

ヒアリングマラソンは解約できますか?その場合、返金されますか?

ヒアリングマラソンは解約で電話ですることが出来ます。ただ全額返金とかはなく、法定解約料というものがあるようです。クリーリングオフ期間過ぎてからの返品は、他の商品と同じように難しいので、もし解約したい場合は早めがいいですね。

 

ただし、法定解約料というものがあるので解約した以降の全額が返金されるわけではありません。
返金と返品、いずれの保証もありません。

アルク