実践英語の究極の上達法とは?

ビジネス

 

私の職業体験は、ある部分特殊ですが、それでもかなりの人に共通する項も多そうです。たとえば、会社が気が付いたら外資系になっていて「チームが多国籍軍になり業務で使う日常の共通言語が英語になる」体験は今後多くの日本人が経験することになりそうです。

 

また、私のように、より高い給料、より大きな仕事のスケールを求めた結果、仕事の言語が英語になってしまうことも多いにあり得ます。もはや日本語を使っていたのでは大きな仕事はない時代になっていますよね。

 

仕事が小さいと当然売上も小さいので、お給料も低賃金に甘んじなくてはいけません。もう年金もアテにできないし、老後がそれじゃとても不安です。

 

「英語ができる人ほど、収入が高い」ことが統計的には明らかになっています。

 

そこで、私の経験を中心に、TOEICスコア向上のテクニックではなく、実際のビジネスで使う実践英語の上達方法、トレーニング方法について書いてみようと思います。本当に実践的に使え、稼ぐのに役に立つ英語力を鍛えるために、何をどうやればいいのでしょうか、という核心部分です。

 

それは「地道なトレーニングを長時間、長期間繰り返し行う以外に英語に上達する道はない」、という事実です。

 

え? ガッカリですか? (笑)

 

「小さなことを繰り返し積み重ねることがとんでもないところへ行く唯一の方法」とイチロー選手も言っていますよね。

 

大リーガーと英語は違うよ! 
いえ、違いません(キッパリ)

 

私を含め、多くの英語学習者は、「何か効果的な方法がないだろうか、簡単に英会話が上達する教材がどこかにあるのではないか、ただ聴き流すだけで英語が上達する教材は何かいいか」などと探しているのではないでしょうか? はい、私も実はかつてはそうでしたし、今でもそういう思いもあります(告白)。

 

しかし、近道がないこともわかってきました。

 

簡単な資格試験であれば、過去問をいきなりやる、とか過去問を解析し、繰り返し繰り返し試験に出るポイントをやる、という方法で、試験突破ができると思います。確かに英検2 級とかTOEICは問題が簡単なので、その方法は「試験対策」としては有効です。しかし、それは「英語上達」には役に立ちません。TOEICで高得点をテクニックを学ぶことと実践で使える英語を磨くテクニックは別で、いくら英語試験で高得点を取っても英語ができないことに変わりはないのです。かつての私のように。

 

 

では、どうすればいいか? 

それは、地道なトレーニングを繰り返し行える教材を使う。これですよ、これ。そう、ヒアリングマラソンがまさにそうであることに気がつきませんか?

 

そしてそれ以外にも、毎日毎日英語を使う生活を送り、英語をしゃべり、それに慣れるしかないんです。

 

英語学習の効果的な方法があるとすれば、それは、教材や方法ではなく、いかに英語での仕事や学習を「楽しみながら行えるか」を工夫することです。いやいやながら行う英語の学習では長続きしませんし、長期間の勉強にも耐えられませんよね。英語での仕事もそれが苦痛であり恐怖であれば、鬱状態になって退職、失業の憂き目に遭ってしまうのは必至です。

 

はっきり言って、ヒアリングマラソンの「1日3時間の英語」はそれだけでは不十分だと思います。1日中、たとえば朝起きてから寝るまでの情報のインプットとアウトプットを英語で行えば、1日10時間くらいは「英語生活」になりませんか? つまりそれを行う環境作りの工夫が英語教材を使っての英語学習のほかにも必要なのです。

 

いや、キツイなー。
いえ、それは実はそれほど難しくありません(キッパリ)。