TOEIC対策にヒアリングマラソンは役に立つのか?その効果は?

女性

いまの日本でTOEICは事実上、英語力の基準になっています。「進学のためにTOEICのスコアを600点から700点へとアップしなくちゃいけない」とか、「昇進試験でどうしてもTOEIC800点が必要」という人、多いですよね。また、英語学習のひとつの目標として、TOEIC900点を目指している人もいるはずです。

 

さまざまなTOEIC対策教材がありますが、アルクのヒアリングマラソンはTOEIC対策にどのくらい効果があるのか、気になりますよね。ここでは、ヒアリングマラソンを使ってTOEIC受験に役に立つのか、巷のTOEIC対策教材と比較した場合のヒアリングマラソンのメリット・デメリットについて考えてみました。

 

 

TOEIC対策の意味とは?

TOEICにはいくつかのバリエーションがありますが、ここで取り上げるのは、リーディングとリスニングのみの基本的な「TOEIC」で、TOEIC SW や、TOEIC Bridgeは除外します。

 

私の経験から言うと、TOEICは「TOEIC対策」と称するお受験テクニックによって、スコアが上昇しやすいテストです。これはどんな検定試験にも言えることですが、ある一定の試験形式に慣れることにより、スコアの底上げが図られるわけで、真の実力で点数が上昇しているわけではありません。

 

この観点から言うと、ヒアリングマラソンはTOEIC対策に焦点を絞った教材ではないので、高得点を上げるテクニックは学べません。
→ヒアリングマラソンはTOEICで高得点を上げる試験テクニックは学べない。

 

アルクでは、このようなTOEIC受験に的を絞った英語教材である「TOEIC完全攻略シリーズ」を、目指す得点に合わせて、500点コース、600点コース、700点コース、800点コース、900点コース、と5種類も用意しています。

 

このようなアルクのTOEIC教材では、実際の試験形式での練習を反復することで、TOEICスコアの向上が効率的に期待できる、というわけです。TOEIC完全攻略シリーズ>

 

 

真の英語力を上げるための効果的な教材とは?

しかし「TOEICで高得点を取っても英語ができない、しゃべれない」という話しもよく聞きますよね。実際「試験テクニックで取ったTOEIC900点って、それってどうよ?」って思いませんか?

 

・ TOEIC高得点 → 英語できるとは限らない  (- -;)
・ 英語できる → 結果としてTOEICで高得点 (^_^)

 

私は数年前に、ある日本人の候補者と英語で面接をしました。候補者のTOEICスコアはほぼ満点(985くらいだったと記憶しています)。しかし彼の英語はTOEIC満点の人のイメージの「高いレベルの英語」ではなく、なんとか英語で会話が成立するレベルでした。彼は英語での面談が終わると、「いやーTOEICってテクニックで満点近く取れちゃうんですよね。すみません・・・」と、言う必要のない極めて日本人的な言い訳をしました(苦笑)。

 

TOEICでは900点くらいになると受験テクニックは通用しない、と言われていますが、それはどうでしょうか?あなたは本当に英語を使って国際ビジネスで活躍したいですか?それともTOEIC満点、と履歴書に書くだけで十分なのでしょうか?

 

突き抜けた英語力を獲得するための近道はありません。毎日3時間の英語を聴き続ける学習教材であるヒアリングマラソン。もし、真の英語力を身につけ、その結果TOEICスコアが上昇するのであれば、鬼に金棒です。そんな目的のために、ヒアリングマラソンは極めて役に立つ教材となるはずです。

 

 

ヒアリングマラソンをTOEIC対策として使ったメリット・デメリット

ポイント

ヒアリングマラソンはそもそもTOEIC対策のための教材ではありません。TOEIC試験の直前期には、同じ試験形式での練習をする必要があります。

 

しかし、ヒアリングマラソンは、本当に使える英語、真の英語力を向上させる仕組みが組み込まれた学習システムです。

 

本当の英語力が向上すればTOEICスコアは上昇する、というわけです。小手先だけのTOEICテクニックだけを繰り返していても英語はできるようになりません。

 

・ベーシックな英語教材としてヒアリングマラソンは効果的
・TOEIC試験直前期には、
アルクのTOEIC完全攻略シリーズなどの試験対策を行おう。

ボタン